夏の薄毛対策

薄毛故にプールや海に行けない、と夏のバカンスをあきらめている方も多いようです。水に濡れると一生懸命隠していた薄毛がばれる、と…

 

紫外線と帽子

 

もうひとつ気になるのが紫外線。薄毛隠しを兼ねて帽子をかぶる方もいらっしゃいますね。これについては賛否両論ですが一般論で言っても長時間紫外線を浴び続けるのは避けたほうが良いです。

特に女性は美容の観点からも紫外線対策はたとえ短時間でもしっかりしたほうが良いのは確かです。

帽子は頭を締め付けたり髪に変な癖がついたりすることもあるし、かぶりっぱなしは頭皮がムレるので気をつけましょう。

 

HARG療法

 

若い方では海やプールをいつまでも避けるのは嫌だ、と発毛に挑戦する場合が増えているようです。プロペシアミノキシジルを使った発毛、育毛治療が主体のようですが、HARG療法の人気が高まっています。

HARG療法は植毛のように即効性はありませんが、効果を実感する方も多く治療の選択肢として話題になっています。

現在の薄毛治療がイマイチ、と言う場合はHARG療法を医師に相談してみてもよいでしょう。

 

抜け毛のチェック

 

抜け毛の度合いがどの程度なのか心配なことも有りますね。洗髪時の抜け毛をチェックしてみましょう。

抜け毛が長くて太く、毛球(マッチ棒の先のようなもの)がついているなら正常なヘアサイクルで抜け丈なので問題はありません。

細く短い猫の毛のような抜け毛が多かったら薄毛が進行している可能性があります。毛先が尖っていたら髪の毛に十分な栄養が届いていない可能性があり注意が必要です。

その場合は専門外来で調べてもらうことをおすすめします。

 

ちなみに抜け毛の数は極端でなければさほど気にすることはありません。正常なサイクルで抜けたものは新陳代謝が正常に働いていれば同じ本数が生えてくるそうです。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ