世界中で深刻化する女性の脱毛

女性の脱毛は世界中で深刻化している大きな問題となっていますが、女性の脱毛を病気として考える医師は日本ではまだ少ないのでしょうか。

しかし近年女性専用の薄毛治療の専門外来も増えつつ有り、治療法も以前に比べ進化していると行っても良いかもしれません。

男性と女性では薄毛の原因となるものが異なる部分も多く、ケアのしかたも男性に比べ限られているとも言えます。

女性の脱毛の原因

女性ではホルモンバランスの乱れや体調のバランスが崩れて様々な症状が現れやすいです。慢性的な冷え性から血行不良を起こしている場合もあります。

血行不良は髪が成長するための栄養が届かないので薄毛や抜け毛の要因となるのです。

年齢や血行不良の状態が男性で同じように起こると深刻な薄毛の進行などになるのですが、女性は抜け毛程度で収まっているとも考えられています。

しかし、薄毛は確実に進行しストレス社会に生きる若い女性の間でも深刻な悩みとなっています。

薄毛の改善

薄毛の原因を取り除く、つまりホルモンバランスを整えたり、血行を促す、ストレスを回避すると言ったことに注意することで薄毛の改善につなげましょう。

よく言われることがバランスのとれた食事、日常生活の見直し、血行促進のためのマッサージやシャンプーです。更に薄毛治療の専門外来で効果を期待できる育毛・発毛治療など。

女性ホルモンが影響していると言われていますが、女性ホルモンを増加させても髪が増えるという報告は無いようです。

日常的にしっかりケアをし、医学的に育毛効果が実証されている方法を続けることで薄毛の改善の可能性は十分にあります。

女性の育毛・発毛剤としては女性は使用できないプロペシアに変わるパントスチンという抜け毛抑制外用薬、びまん性脱毛症に効果と安全性が認められたパントガールというのみ薬があります。

豆知識

頭皮の毛穴の皮脂汚れがクローズアップされることが多いですが、本来皮脂は肌を守るバリア機能を果たしているものです。

毛穴のつまりがなく、皮脂が普通に分泌されている状態であれば汚れはお湯で十分洗い落とすことが出来るのですがシャンプー剤などが毛穴に残り皮脂とまじると汚れも付着し、毛穴をつまらせることになります。

お湯だけではなかなか落とせない皮脂汚れとなってしまいます。これを落とそうとシャンプーを頻繁にしたりすることで必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を守ることが出来ません。

毛穴のつまりは毛髪の成長を妨げたり、育毛剤の効果を半減させてしまうばかりか頭皮の健康も損ねてしまいます。

詰まり毛穴を改善するまではシャンプー剤を適宜使用しますが、すすぎは念には念を入れ、十分に洗い流してください。

美容院で髪にお湯をたっぷり含ませ、タプタプして洗うようにすると地肌に残ったシャンプー剤を取り除きやすいです。

頭皮が綺麗になったらできるだけシャンプー剤の使用は減らすようにすると良いでしょう。使う場合はこれでもか、というくらいすすぎをしっかりすることが重要です。

 

 

 

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ