女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因はFAGAと呼ばれる女性の男性型脱毛症と、びまん性脱毛症があります。

FAGAはAGAと同じく遺伝子検査で将来のリスクを知ることができ、早期治療を開始することで進行を遅らせることが出来ます。

びまん性脱毛症

FAGAのように前頭部や頭頂部という局所的な脱毛ではなくて、髪が細くなり全体的に薄くなる脱毛です。

中年以降に多く見られ女性形脱毛症とも言われています。市販の育毛剤ではあまり効果が期待できません。

原因
加齢による髪の老化、ストレス、ホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れなどがあります。間違ったヘアケアや過度のダイエットも脱毛の原因となります。

髪の毛の正常な発育サイクルがこれらの原因で機能しなくなると言われています。

また、女性特有の原因として出産後のホルモンの変化による脱毛があります。妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発で、髪も成長期が長く続くために自然な脱毛が減ります。

出産後のホルモンバランスの変化しかし、出産で女性ホルモンの分泌は正常に戻るので成長期で止まっていた毛が一斉に休止期になり抜け毛が増えるのです。

場合によっては剥げてしまうのではないか、というくらいどっさり抜けてしまって悩む方もいらっしゃいます。

ただし、一時的な現象で通常は半年から1年で正常に戻るので心配は入りません。

 >>>びまん性脱毛症の治療

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ