植毛のメリットとデメリット

植毛とは読んで字のごとく、薄毛になったり脱毛した部分の頭皮に直接毛を植えていく方法です。植える毛は人毛(自毛ではない)もしくは人工毛髪です。

メソセラピーなどの育毛、発毛でなかなか効果が見られない場合に植毛を選択する方が多いです。

最近は自分の毛を移植する自毛植毛が人気となっています。

湘南美容外科の自毛植毛について詳しく読む⇒

人工植毛

デメリット
植毛の施術後は頭皮に定着するまで1週間ほどは入浴や運動が出来なくなります。生きている毛ではないので定着しても2年ほど経つと抜けてしまうこともあり、拒絶反応を起こして炎症を起こすこともあります。

移植後は日々のメンテナンスが必要なので手間とコストがかかります。自毛との差が目立つこともあります。

メリット
人工毛、人毛(自毛ではない)を使うのでドナー(移植するための毛)を切除する必要がない。従って切除痕もありません。

植毛してすぐに結果がでますし、早くイメージ通りの髪が再現します。好きな場所に好きなだけ植毛できます。

自毛植毛

デメリット
ドナーの切除痕が残りますし、自毛を植毛するので移植できる量に限りがあります。

イメージした髪になるまで時間がかかるので即効性がありません。

まれにショックロスという一時的な脱毛が起こる場合があります。

植毛費用は高いです。

メリット
自毛なので拒絶反応がなく、自然な仕上がりになります。

生きている元気な自毛を植毛するので髪が再び伸び始めます

特別なメンテナンスは不要、ランニングコストもかかりません。

自毛植毛の専門外来湘南美容外科

湘南美容外科では自毛を使用して植毛をするという画期的な植毛法を受けることが出来ます。

利用する毛髪は側頭部もしくは後頭部の生命力の強い毛髪です。この部分は薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けにくく、丈夫で長持ちする植毛が可能になりました。

ロボット植毛アルタス移植した毛髪の組織が移植した頭皮の毛細血管や神経と結合するので、通常の毛の生まれ変わりのサイクル毛周期を生涯にわたりくりかえしてくれるのです。

気になるドナー(毛髪を採取した部分)部分の傷跡は目立ちませんが、ロボット植毛ARTASと創傷治療マトリステムで植毛すると更にほとんど解らないほどに回復します。

 

 

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ