薄毛の都市伝説ウソ?ほんと?

薄毛の悩みは年代、性別に関わリませんが、薄毛治療の専門外来の扉を叩くのはかなり深刻に悩んでいる方が多いようです。

人知れず悩み、育毛に良いと言われることをいろいろ試しても薄毛は進行するばかり。ですから専門外来を訪れる場合、初めから植毛をしたいと希望される方も多いのです。

薄毛の原因や予防などにまつわるよくある話題とその信ぴょう性を少しご紹介しましょう。

薄毛やハゲについての都市伝説5題

天然素材のシャンプーが良い
⇒ 一概に良い、とはいえません。人工的な成分でも育毛に効果があったりするものもあります。

一度ハゲた部分はもう毛が生えてこない
⇒ 残念ですが本当です。禿げるということは毛根の細胞が死んてしまっています。毛根がなければ再生出来ません。

ハゲの男性は男性ホルモン(テストステロン)が多い
⇒ そんなことはありません。脱毛の原因は大きく分けると遺伝、年齢、ホルモンバランスと毛サイクルです。

母親の遺伝が影響する⇒ 母親だけでなく両親から遺伝子を受け継ぎます。

整髪料やカラー剤等の影響がある⇒ あります。整髪料やカラー剤に含まれている化学薬品が毛根の細胞や髪へダメージを与えます。髪が引っ張られることで 「吸引性脱毛症」を発症することもあります。

薄毛治療は早めがベター

薄毛治療は早めに始めることで進行を遅らせたり、予防したりすることも可能です。深刻になる前に専門外来に相談することをおすすめします。

薄毛男性の育毛テク

薄毛に悩む男性が日常生活で取り入れている育毛テクの第1位は頭皮マッサージ。頭皮の血行を改善して健康な頭皮から育毛、発毛を促そうというものです。

2位は睡眠をきちんと取ること。発毛サイクルを正常に機能させて健康な髪を育てます。この2つで約60%を占めます。

ついでシャンプー剤、育毛剤、適度な運動、食事内容、ツボ押し等が挙げられています。

男性へのアンケート結果ですが、女性でも同じような結果が出るのでは無いでしょうか。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ