AGA男性型脱毛症③治療

AGAが薄毛の原因の場合、毛包は存在しているので髪を成長させる治療法があります。

AGAの治療効果が著しい薬品2腫

「『男性型脱毛症診療ガイドライン』2010年 4月 日本皮膚科学会発表」では薬品として効果が著しいのは「ミノキシジル含有薬の外用」と「フィナステリド服用」の2種類のみとしています。

「フィナステリド」
男性ホルモンの「テストステロン」が「5α還元酵素」の働きによって変化したDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくことを阻害し、発毛のサイクルを正常に戻します

「ミノキシジル含有薬」
育毛剤として頭皮に直接外用します。毛母細胞の増殖、毛包や毛母細胞血管を拡張作用で血行を促進し、頭皮全体の血流を良くすることで抜け毛を予防すると考えられています。

また、発毛に必要な刺激を毛根に絶えず与え発毛効果が期待できます。

AGAのサイクルは短くなるこのサイクルは一つの毛根につき約40回、と限度があります。AGAにより成長期が短くなると、早い段階で規定のサイクルが終わってしまい、薄毛が進行してしまうのです。

>>>湘南美容外科の薬剤治療、ヘアーメディカルについて

 薬以外の治療法

薄毛が進行してしまった場合など、植毛で自毛の発毛を促す方法があります。自分の毛を採取する自毛植毛が良いようです。

AGAは前頭部と頭頂部に出現しますので後頭部や側頭部の毛を使います。

植毛をした場合も、薬による治療を続けることが必要です。

AGAはホルモンの異常、遺伝が主な原因ですが、その他にストレスや食生活、生活習慣も脱毛に大きく関連しています。

これらを見直すことも治療の効果を高めることになります。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ