女性の男性型脱毛症FAGAの治療

男性型、とついているのは男性の薄毛の大半を占める男性型脱毛症、AGAと原因が同じだからです。湘南美容外科クリニックでは女性の薄毛治療にも実績がある薄毛治療の専門外来です。

男性ホルモンのテストステロンが頭皮の皮脂腺にある酵素と結びついて出来た、強力なホルモンのDHTが髪の成長を妨げ毛周期が狂い抜け毛が増加して薄毛になるのがFAGAです。

薄毛になっている部分、前頭部や頭頂部の毛が他の部分より細くなっている(軟毛化と言います)のが特有な症状です。

女性も副腎や卵巣で男性ホルモンを作っていて、通常は血液中に男性の十分の一程度あります。その分泌が増えたためというよりも、更年期などで女性ホルモンが減少したことで男性ホルモンが相対的に多くなりFAGAが発症します。

減ってしまった女性ホルモンを増やすことも一つの治療法と言えそうです。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのはよく知られていますので積極的に摂るのもよいでしょう。

AGA治療、発毛効果について詳しく読む⇒

デリケートな女性の身体はホルモンバランスが乱れがちなので日常生活の見直しでホルモン力のアップもしていきましょう。

睡眠不足やストレス等肌のトラブルをおこす原因を改善するのと同じですね。

専門外来の薬や植毛などだけに頼らず、普段の生活を見なおすことも薄毛の改善、予防に大いに役立つのです。

FAGAに効果のある治療薬

薬による治療は、毛根を傷つけて抜け毛の原因となる脱毛因子DHTの生成を減らすのに効果のあるフィナステリド(プロペシア等)は男性には良いのですが、女性は副作用のおそれがあるため使用できません。

FAGA治療薬パントスチン副作用の心配もなく安全性の高い抜け毛を抑制する塗り薬がパントスチンです。アルファトラジオールと言う有効成分が毛根の5αリダクターゼと言う酵素の活動を押さえてDHTを減らす働きをします。

パントスチンは女性の男性型脱毛症・FAGAや頭頂部、前頭部の薄毛予防に高い効果が期待できます。安全性も高く副作用もないので安心です。

5αリダクターゼの活動を抑える働きをするのはパントスチンの主成分アルファトラジオールです。DHTの生成を減らして抜け毛の進行を押さえます。

FAGAは進行するので薬の使用は続けなければいけません。長く使う薬ですから副作用や安全性に不安がないのは良いですね。

湘南美容外科クリニックのヘアーメディカルは内服薬と外用薬で薄毛の治療をするコースです。

女性用のオーダーメイド薄毛治療「ヘアールネッサンス レディース」で貴女の悩み解消をサポート!

女性の薄毛治療湘南美容クリニック
ヘアールネッサンス レディース

*フィナステリド(プロペシア等)はもともと前立腺の治療薬で副作用として発毛があったことから薄毛の治療にも使われるようになりました。

つまり、精巣と前立腺に作用するので男性にしか効果はないのです。更に女性が服用すると婦人科系の問題が起きたり妊娠中では触れただけでも胎児に影響を与え、生殖器障害を持ったりすることもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ