ダイエットによる脱毛は身体の危険信号

こんにちは 椿です。

過度のダイエットで脱毛する可能性があるのをご存知かしら。自己流のダイエットは内臓機能も低下してしまうし。

栄養が偏ったり不足したりするのが原因で髪の毛だけでなく身体の危険信号として脱毛、という症状をおこすのよ。

髪の成分はケラチンというタンパク質なのでタンパク質不足になっている可能性もあるかもね。

適切なケアをすれば徐々にではあるけれどもとに戻すことはできるので根気よくケアしてみて。

明らかにダイエットが原因と思われるのであれば、バランスの良い食生活に戻すと良いのではない?

拒食症のようになって戻したりしていた場合は亜鉛不足も考えられそう。この場合は内科を受信してみるといいと思うわ。

髪は栄養が不足するとすぐにその影響を受けてしまいやすいみたいなの。でも伸びるには時間がかかるので薄毛状態が長くなってしまうのよ。

どうしてもダイエットの必要がある場合は、お医者様に相談して食事や運動などのメニューを指導していただいてね。

健全な食や生活習慣

結果的にダイエットにもつながるし、お肌や髪にも栄養がきちんと行き渡るので肌のトラブルや薄毛の悩みも予防できるのだもの、まずここからが基本!

食事を摂る時間も毎日ほぼ同じにすると身体のリズムが栄養を吸収する準備をするようになるのですって。人体のメカニズムはホント不思議。

髪のためには特にタンパク質・ミネラル・ビタミンをバランス良く摂るように心がけてね。

もとの髪に戻すにはどのくらいかかる?

過度のダイエットをやめ、規則正しい生活に戻したりして、脱毛の原因をなくしたとしても1年前の状態に戻すには2年はかかるそうよ。

2年前の状態にするには4年かかるということ。それにすべての原因をなくすのはとっても難しいわ。

とりあえず、現状を維持するためのケアから初めて気長に回復を待ちましょうね。

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ